人が本来生まれ持ったチカラに立ち返る研修。

あなたの使命を知り、才能(ギフト)を開花する。

リバイバル・ベーシックコース
Revival Basic Course

リバイバル・ベーシックコースとは

一般的な自己啓発プログラムは、その多くが
自分が持っていない何かの能力をつけたり、
自分ひとりの能力や決断を高めたり、
踏ん張って「別の何か」になろうとするものです。

リバイバル・コースでは、まずあなた本来の"使命(デスティニー)"や"才能(ギフト)"を見極めることに重きを置きます。
そして、自分や仲間が自然体で最も力を発揮できる領域を知り、理想的な人間関係・強固なチームを築くことを促します。

リバイバル・ベーシックコースでは、そもそも脳の使い方が人によって4つの種類に分けられることを体系的に理解します。
右脳アウトプットの人もいれば、左脳アウトプットの人も居ます。自分がされて嬉しいことが、他者にとって嬉しいことだとは限りません。
この理解が不十分なゆえに、パートナーや仕事においてすれ違いやストレス、トラブルが起こっていることが多く見受けられます。

そもそも脳の使い方、思考パターンが、他人と自分とは違うのだということを理解しなければなりません。このことが体得できると、人間関係において、劇的な変化をもたらします。

そして人間関係の良いチームは、生産性が上がることが証明されています。

脳の違いを体系的に理解。
また、ワークを使った体験型研修。

"弱さ"を共有することが"強さ"

強固なチームを作る上で重要なのことは、何でしょうか。
お互いの強みを知って生かし合うことはもちろんのことです。
重要であるにも関わらずなかなかできていないのが、"弱みを共有する"ということです。

多くの自己啓発プログラムでは、"弱さ"は、「克服すべきもの」とみなされます。そこにお金をかけ、埋めようとするアプローチが一般的です。
しかし、"弱さを共有"しているチームこそが、強いのです。

「アドベンチャーレース」という競技をご存知でしょうか。
世界で最も過酷なレースと呼ばれる、大自然の道なき道を地図とコンパスを頼りにゴールまで突き進む、チームで行うアウトドアスポーツです。
このとき、チームメンバーには、自分の強みとともに"弱み"をいかに共有できているかが鍵になります。
お互いの弱さをよくわかっているからこそ、補い合えるのです。

リバイバル・ベーシックコース概要

目的 脳のインプット・アウトプットによる4つのタイプ(勇・誠・義・礼)と、それぞれへの最適な関わり方の学習。
7つの賜物(ギフト)のチェックテストと、活用方法の学習。
形式 屋内研修。
座学と、身体を使った体験型ワーク。
日程 10時〜18時までの1日研修。(途中休憩と1時間の昼食を含みます)
参加費 80,000円(税別)
※人生道場メンバーは、特別割引あり。

参加者の声

  • O・Yさん

    まず、ありのままの私でいいんだ!ってすごく腑に落ちて、とても気持ちが楽になりました!

    自分の欠点として見ていた点も無理に取り繕う必要もなく、そこも含めて自分なんだなと思いました。
    私は人より劣ってるし、直していかないといけないんだってずっと思っていて、自分に自信がないからこそ他の人の欠点ばかり見つけようとしてる自分がいました!
    けど、私が特別に劣ってるとかはなくて、みんなそれぞれ苦手なとこがありそれがあるからこそ手を取り合うんだな、と思えて無理に踏ん張らず頑張らなくてもよいのか!と思えてすごく嬉しくなりました。

リバイバル・ブレイクスルーコース
Revival BreakThrough Course

リバイバル・ブレイクスルーコースとは

リバイバル・ブレイクスルーコースは、野外研修です。
強固なチームを作る上で土台となるのは、「信じる力」です。

「他者を信じること」を、様々なワークを通じて、実体験によって、"わかる"ようになります。

日常では考えられない高い精神的な負荷によってブレイクスルーを行う研修も存在しますが、
リバイバル・ブレイクスルーコースでは、追い詰められることによってではなく、他者からの愛による”エレガントなブレイクスルー”を体験できることでしょう。

"人を信じる"を実体験からわかる。

リバイバル・ブレイクスルーコース概要

目的 ベーシックコースで学習した内容の適応。
愛の体験と、「信じる力」の体得。
形式 野外研修。
宿泊費・食事代は参加費に含まれます。
最低開催人数:12名
定員:24名
日程 2泊3日
参加費 280,000円(税別)
※人生道場メンバーは、特別割引あり。

リバイバル・アドバンスコース
Revival Advance Course

リバイバル・アドバンスコースとは

リバイバル・アドバンスコースのキーワードは、"真のバディシップ"です。
お互いにブレイクスルーを経て、心の底から信頼するということがどういうことか、わかった人のみが、真のバディシップを形成することができます。

篠田真宏の研修を受講する生徒の中には、それまでにさまざまな自己啓発プログラムを渡り歩いて来た人も多くいます。
計200万円ほどかけてきた受講生も少なくありません。その多くが、「この研修が、求めてきた"最後の1ピース"だ」と言います。

この研修の中に、答えがあります。

自分が生まれてきた目的・使命。そのことをはっきりと認識し、真に価値のある人生を始めましょう。

真のバディシップを体得する。

リバイバル・アドバンスコース概要

目的 真のバディシップの体得。
形式 野外研修。
宿泊費・食事代は参加費に含まれます。
最低開催人数:12名
定員:24名
日程 2泊2.5日。(1日目の夜・宿泊施設からスタート)
参加費 360,000円(税別)
※人生道場メンバーは、特別割引あり。

講師紹介

肩書

◇ 株式会社リ・クリエイション 代表取締役
◇ 一般社団法人  行動コミュニケーション協会 監事
◇ ブランド人財育成協会 特別顧問
◇ 一般社団法人 グローバル・ジェロントロジー・センター 認定指導者
◇ 日本野外教育学会会員
◇ 日本選択理論心理学会会員
◇ 日本アチーバス協会 トレーニング・ディレクター
◇ ナポレオン・ヒル財団 認定インストラクター
◇ 特定非営利法人 日本リアリティセラピー協会会員
◇ 文部科学省 野外教育企画担当者セミナー修了
◇ Camp Forest Springs Camping Internship 修了

経歴

1959年3月、神奈川県横浜生まれ。
 東京基督教短期大学に入学し、カウンセリングの授業において柿谷正期氏に師事し、選択理論心理学に触れる。選択理論心理学を基礎とした人間関係教育に関心をもち、体験学習を用いたプログラムの先駆者として、多くの研修会社に影響を与える。

 1986年には台湾の李登輝 副総統の夕食会に、1997年2月にはインターナショナル・リーダーシップ・トレーニングに参加し、クリントン大統領の朝祷会、ヒラリー夫人の昼食会に招待される。 一般社団法人日本チームビルディング協会創設理事、日本選択理論心理学会常任理事、ジョン・C・マクスウェル氏が提唱したEQUIP JAPANの理事を歴任する。

 トレーナーとして20年以上のキャリアを持ち、延べ5万人以上の人材育成に携わる。企業研修としては大手上場企業をはじめとして、銀行、総合商社、IT、製薬、プラント、食品、自動車、保険、損保、映像制作など200社以上の組織変革や階層別教育を担当する。また、浜松大学にて非常勤講師を務める。
 以前の人材教育コンサルティング会社では公開講座のマネジメント研修を担当し、自社において前月比150%アップの成果を出す。年間1000名以上の経営者、管理職などが受講し、マネジメントスタイルに変革がある講座として好評を得た。

 リーダーシップ、マネジメント、チームビルディング、野外教育を専門分野とし、教え子たちの多くが研修会社にてファシリテーター、トレーナー、コンサルタントとして活躍している。